カテゴリ:日記( 211 )
珠玉の作品たちに会いに
e0154225_20051291.jpg


「荒木珠奈 記憶の繭を紡ぐ」
町田市立国際版画美術館

友人の珠奈ちゃんが20年以上真摯に向き合ってきた銅版画作品が、
初期から現在まで一堂に鑑賞できる展覧会。
一点一点、一本一本の線が
丁寧に連なり、重なり、紡ぎ出された作品たち。
ぶれることのない、生命を慈しむ世界が滲みでています。

優しく繊細でありながら、わたしはとても、
凄みを感じました。
素晴らしいので、ぜひ観ていただきたいです。
9月2日まで。






[PR]
by wakopwakop | 2018-07-14 20:03 | 日記
7月1日のプリムラ
e0154225_19155012.jpg

思えば寒い寒い2月。
春の気配を少しでも感じたくて、
スーパーで目が合って買い求めたプリムラ。
花がおわり葉っぱだけになってからは、
ベランダのすみでひっそりしていた(させていた)。

今日ふと見ると、、
いまや暑さで茶色くなった葉っぱの真ん中に、
黄色いつぼみが146.png

プリムラは夏は咲かないはずなのに。
す、すごいです。
しかも、つぼみいっぱいついてるよー

よし!わたしも暑さに負けず、
ふたつの大型展示が納得のいく作品になるよう、
がんばるぞ!と
心あらたにした、7月の始まりなのでした。





[PR]
by wakopwakop | 2018-07-01 19:15 | 日記
変身の日々
e0154225_19480136.jpg

反物が毎日、羽に変身していきます。

本日はインコに囲まれながら、
あらたな打ち合わせ。
遠方からお越しいただきまして、
ありがとうございました。
来月、下見に伺うのが楽しみでならないです。





[PR]
by wakopwakop | 2018-06-17 19:47 | 日記
クスノキとインコ
e0154225_00194440.jpg

柴又唯一の宿「shibamata FU-TEN」で
展開されている、14人のアーティストによる
アートルームプロジェクト。
お友達の池平徹兵さんが手掛けたお部屋を訪問しました。

e0154225_00361360.jpg

e0154225_00364656.jpg

柴又といえば、帝釈天。
帝釈天には、富士山から運ばれたという
二人の観音様がいて、
その傍らに見事なクスノキがそびえたっています。
池平さんは、
そのクスノキのさざめき、つぶやき、息吹きと、
もたらされた影を左右の壁に描いていました。

朝、昼、晩。
ずっとベッドの上で、
深い呼吸をしていたくなるお部屋。
雨の光もちょうどいい。
晴れている日も、きっといい。
インコもとても似合う空間だと
池平さんから聞いていたので、今日は
黄色いミニインコと遊ばせていただきました。

e0154225_00375549.jpg




[PR]
by wakopwakop | 2018-06-11 00:18 | 日記
おでかけバッグ
e0154225_00305354.jpg

わたしの昔の作品を知っている方には、
なつかしい~、と言われそう。
わたしもなつかしい。

最近、リクエストをいただいて、
ひさびさのお目見えです。
わずかに在庫が2点、ありました。
あの頃、ものすごい勢いで
おでかけバッグを作っていたので、
名前と一緒に、Mitoともサインが入っていた。

この作品は、「ひとがた」シリーズとして、
カフェ・イン・水戸2002に出品しました。
展示場所の銀行のカラーに合わせて制作。
このときの、担当学芸員の浅井俊裕さんに書いていただいたテキストが
好きだった。
以前、こちらでも書いたと思いますが、
「彼女の作品制作に打ち込む姿勢は際立っている」
というところが特に心に響き、
ずっと、わたしの肥やしになっています。

天国の浅井さんにつっこまれないように、
自分のワールドをしっかりしっかり、
がんばるのだ。

でも、たまにはつっこんでもらいたいのです。

e0154225_00471967.jpg






[PR]
by wakopwakop | 2018-06-07 00:29 | 日記
青、青、白紫
e0154225_17385707.jpg

今年もようこそ、あじさい村。
ここは、住まいの中の、
みんなのお庭です。

日常がこんな風景に囲まれていて、
毎年ぜいたくやなあと思います。

こんなにまぶしくてさわやかなのに、
のどが痛い、、
やることいっぱいだー

e0154225_23583255.jpg

今年の夏はとても忙しくなりそうなので、
夏バテしないように
梅ジュースを仕込みました(’-’*)♪




[PR]
by wakopwakop | 2018-06-03 17:37 | 日記
富士山旅
e0154225_22041693.jpg

ただいま、山梨からの帰り道。中央本線なう。
実は富士吉田へ行くのは3年半ぶり。
里帰りのような心持ちで、
ゆっくり、ゆっくり、過ごしてきました。

e0154225_22045097.jpg

神社のお馬も、ちょうど近くに来てくれてて、
ゆっくり会話(一方的に、、)できて嬉しかった。

e0154225_22412001.jpg




[PR]
by wakopwakop | 2018-05-29 22:03 | 日記
この場所で
e0154225_02521172.jpg

今月の打ち合わせも、無事終了。
ありがとうございました。
秋に向けて本腰なのだ。





[PR]
by wakopwakop | 2018-05-27 02:51 | 日記
月が出た
e0154225_19183607.jpg

今日は倉庫で作業しました。
こんな雲たちのように、
身も心も、
軽やかにしなやかにありたいものです。

e0154225_19210307.jpg





[PR]
by wakopwakop | 2018-05-20 19:18 | 日記
不滅のヤングマン
英会話のレッスン中に、スマホ画面に訃報が。。

物心ついて、一番最初に好きになったアイドルがヒデキ。
なんてカッコイイ男の人なんだろうと思っていた。

「傷だらけのローラ」「ブーツを脱いで朝食を」など、
意味もわからず、でも、なんだかとってもインパクトがあって、
絶叫するように熱唱するヒデキを夢中でみていました。
今日のニュースをみていると、必ずバーモントカレーのCM映像も流れる。
いま観ても、なんて癒されるCMだろうと思う。
共演している子供たちの世代がまさに我々で、
新御三家ではヒデキがいちばん子供たちに人気があったのではないかなと思う。

一年半前に、幼なじみのおかげで、
ヒデキのコンサートに行くことができました。
あのときのヤングマン、高らかに、力強く歌うヒデキと一体となって、
会場みんなが歌って踊ったヤングマン、深く深く心にしみついています。
今日CDでヤングマンを何度も聴きなおしたけど、
聴くたびに励まされる。
そして、なんでもできるような気持ちになってきます。
ヒデキ、ほんとうにありがとう。

2016年11月3日の日記「ヒデキ最高!」
https://wakopwakop.exblog.jp/24813381/

e0154225_03253301.jpg





[PR]
by wakopwakop | 2018-05-18 00:55 | 日記



美術作家 川上和歌子
by wakopwakop
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ホームページ
★川上和歌子の
作品ファイル、活動履歴、
展覧会情報などはこちらでご覧ください
http://www015.upp.so-net.ne.jp/wakako/
○無断転載禁止です
最新の記事
珠玉の作品たちに会いに
at 2018-07-14 20:03
7月1日のプリムラ
at 2018-07-01 19:15
変身の日々
at 2018-06-17 19:47
クスノキとインコ
at 2018-06-11 00:18
おでかけバッグ
at 2018-06-07 00:29
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
検索